×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 異国イコクからの琉球シーグラス
 自分ジブンは、高知コウチ仕事シゴト関係カンケイナドツカれ、気分キブン転換テンカンになにげなく日本ニホンサイ西端セイタンシマきました。
そこで、島人とりをしたり、ウミヒトとおサケをかわしたりしゆっくりとタノしんでいるトキ、ナーマハマ
でシーグラスをつけました。それを島人たちにくとそれは異国からナガれてたガラス(シーグ
ラス)だと聞き、高知でのシーグラスのアクセサリー『ナミハコばれしものたち』(by 迦羅主)を
思い出し、そのシーグラスを「宝や」と叫び拾い集めました。そして、地元ジモトカエがきてミナトアル
ていると海亀がゆっくりと泳いでいるのが見え、隣のナーマ浜で浜辺をながめているとさわやかな
波の音が耳に入り、また、同時に島鳥の鳴き声が耳に入りここは「やさしい島」であり「やさしいハマ
「やさしい海」だとすごく感じ、癒されました。
                          <ナーマハマ>
 高知コウチカエると迦羅主(Karasu)さんにアクセサリーのツクカタナラい、ヤク3ヶゲツシマのシー
グラスアクセサリー『異国からの波に運ばれしものたち琉球』が完成しました。
是非、一度は胸元に飾ってませんか?...(^o^)/